高精度?文字起こしアプリ『スピーチノート』を試す

 

はろう!泥団子小豆太郎です。

 

音声を文字にしたい時ってありますよね。

文字をキーボードで打つよりも音声認識で文字に起こせた方が圧倒的に速く打ち込めます。しかし、文字起こしの精度が高くなければいくら速くても意味がありません。文字の修正に時間が掛かっていたら元も子もないですね。

 

そんな時は文字起こしアプリを使ってみましょう。

今回ご紹介する『スピーチノート』というアプリは音声認識で文字に起こすことができるアプリです。使い方も簡単なので手軽に音声から文字起こしをすることができますよ!

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでGoogle play Storeでお確かめください。

Speechnotes スピーチノート  - 音声から文字へ

Speechnotes スピーチノート – 音声から文字へ
開発元:WellSource – Empowering You
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

 

アプリ概要

使い方

『スピーチノート』は音声認識機能を使った文字起こしアプリです。

スピーチノート1

 

音声認識機能を使ってノートにテキストを手軽に入力することができます。

 

 

使い方はとても簡単です。

スピーチノート2

 

音声認識機能を使いたい時にオレンジ色のマイクボタンを押してから言葉を喋ればいいだけです。音声が認識されると自動的にノートに言葉が入力されます。また、漢字の変換なども自動で行ってくれるのでかなり便利です。

 

 

句読点などはボタン操作で補います。

スピーチノート3

 

句読点やビックリマーク、ハテナマーク、記号、数字などは画面下部のメニューからボタン操作で入力することができます。また、文字を消したり改行・スペースも同じようにボタン操作で行えます。

 

 

キーボードから修正も行えます。

スピーチノート4

 

音声で認識された言葉が100%間違いなく入力されることはありません。そこで画面下部のキーボードボタンからキーボードを開き、間違った箇所を修正することができます。

 

ちなみに、新しいノートの作成は画面右上の「+」ボタンから行えます。

 

 

言語を変えることも可能です。

スピーチノート5

 

画面上部の「JA」と書かれたボタンや画面下部の地球儀マークボタンから言語の変更ができます。言語を変更することで英語やフランス語、中国語や韓国語など、様々な言語で文字起こしできるようになります。

 

 

書いたノートは保存や共有ができます。

スピーチノート6

スピーチノート7

ファイルを保存したり他のアプリなどにテキストを送信して有効活用しましょう。

 

 

ウィジェットにも対応しています。

スピーチノート8

 

ウィジェットを追加するとホーム画面からの文字起こしができるようになります。使い方は「マイク」ボタンを押してから言葉を喋ればいいだけです。ウィジェットからは句読点を付けたり修正はできないので、時間がない時の文字起こしに利用できるでしょう(アプリに戻れば修正などはできます)。

 

 

試しに早口言葉を言ってみました。

スピーチノート9

 

早口言葉を文字通り早口で言ってみましたがちゃんと正確に認識してくれました!

 

まとめ

きちんと音声認識で文字起こしができるアプリでした。

精度は完璧とは言えませんが、「すごいな」と思えるほどの精度は誇っていると思います。認識させるたびにマイクボタンを押す必要がなく、連続的に言葉を喋っても認識してくれるのが楽です。認識してくれない場合は端末のマイク部分と口を近づけると認識してくれますよ!

Speechnotes スピーチノート  - 音声から文字へ

Speechnotes スピーチノート – 音声から文字へ
開発元:WellSource – Empowering You
posted withアプリーチ

 

スポンサーリンク