暗い写真を明るくするアプリ『Light EQ』が簡単すぎる!

 

はろう!泥団子小豆太郎です。

 

暗い写真ってありますよね。

太陽光や撮影用のライトが無いとスマホで撮った写真は割と暗くなりがちです。撮影時に露出を調整して明るくすることもできますが、明るくするのを忘れて撮影してしまうこともありますね。

 

そんな時は写真を明るくするアプリを使ってみましょう。今回ご紹介する『Light EQ』は暗い写真を明るくすることができるアプリです。使い方がとても簡単なのでスマホがあまり得意ではない人でも手軽に使うことができますよ!

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでGoogle play Storeでお確かめください。

Light EQ by ACDSee

Light EQ by ACDSee
開発元:ACD Systems International Inc.
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

 

Light EQ

『Light EQ』は暗い写真を明るくすることができるアプリです。

Light EQ1

 

このアプリでは暗くなってしまった写真を簡単に明るく調整することができます。写真を取り込むだけでほぼ自動的に写真を明るくしてくれるので誰でも簡単に使えます。多くの暗い写真を明るくしたい時にも役立ちますよ!

 

使い方

使い方はとても簡単です。

Light EQ2

△サンプル

 

まずはスマホに入っている写真を取り込むか、その場で写真を撮影して取り込みます。写真を撮影した段階ではサンプルの写真がまだ全体的に暗めなのがおわかりでしょうか。電気をつけた室内でも普通に写真を撮るとこんな感じになります(わかりやすいようにやや暗めになるように撮影しましたが…笑)。

 

 

写真を取り込むと自動で明るくしてくれます。

Light EQ3

 

写真を取り込むだけで自動的に明るさを調整してくれました。最初に撮影した時の写真とは明らかに変わっているのがわかりますね。もしこの時、自動調整が「明るすぎる」「まだ暗い」と感じる場合は画面下部のスライダーバーを動かして明るさを手動で調整することも可能です。

 

スライダーバーの左横にある電球マークのようなボタンを長押しすればオリジナルの写真と比較することもできます。

 

 

写真の保存もできます。

Light EQ4

 

画面右上のボタンを押せば写真を保存したり共有することも可能です。「Replace original」は元の写真を置き換えて保存するので、元の写真も残しておきたい場合は注意が必要です。元の写真とは別に新しい写真として保存したい場合は「Save as new image」を選択して保存しましょう。

 

まとめ

簡単に使える暗い写真を明るくするアプリでした。

細かく画像補正できるアプリはたくさんありますが、このアプリだと細かい項目もなく、ただ写真を明るくするだけに特化しているので誰でも簡単に使えます。写真を明るくさえできればいいと思っている人にとったらこれ以上無いアプリと言えそうですね!

Light EQ by ACDSee

Light EQ by ACDSee
開発元:ACD Systems International Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

スポンサーリンク