【Mr. Go Home】謎解き系のスクロールアクションゲーム

 

はろう!泥団子小豆太郎です。

 

Mr. Go Home』は、謎解き要素が加わったスクロールアクションゲームです。キャラクターを操作し、コースに隠された謎を解きながらゴールを目指します。簡単な操作で、誰もが楽しめますよ!

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでGoogle play Storeでお確かめください。

Mr. Go Home

Mr. Go Home
開発元:MARKAPP.INC
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

 

Mr. Go Home

『Mr. Go Home』はスクロールアクションゲームです。

Mr. Go Home1

 

移動やジャンプボタンを使って、キャラクターを家まで辿り着かせることを目指します。基本的に各ステージのコースは短く、アクション能力を試すというよりも、トラップを回避したり、どうやってゴールまで到達するかを考える要素が強いです。激ムズというわけではありませんが、「死にゲー」や「覚えゲー」の種類に入ると思います。

 

簡単操作

操作は簡単です。

Mr. Go Home2

 

左右の移動ボタンとジャンプボタンを駆使して、家に辿り着けるようにキャラクターを操作します。家がある場所までキャラを移動させるとステージクリアです。簡単ですね!

 

トラップ&ギミックの数々

しかし、そう簡単にゴールに辿り着けません。

Mr. Go Home3

Mr. Go Home4

 

コース内には、ぶつかることで出現するブロックや、近づくと出てくるトゲなどが隠されています。普通にプレイすると必ずトラップに引っ掛かってしまうので、トラップの位置を予測しながら遊ぶと、より楽しめるでしょう。しかし、初見では簡単に予想できないので、死にながらトラップの位置などを覚えていくことになりますが…。

 

スクロールアクションお馴染みの要素もあります。

Mr. Go Home5

Mr. Go Home6

 

『スーパーマリオブラザーズ』シリーズでお馴染みの土管やスター、大きくなるキノコなども登場します。ここらへんは完全にパ○リですが(笑)、このゲームではお役立ちアイテムというよりも、クリアするのに必要な鍵となっています。

 

 

難易度は全部で4種類です。

Mr. Go Home7

Mr. Go Home8

 

難易度は「EASY」「NORMAL」「HARD」「NIGHTMARE」の4種類で、「EASY」から順にクリアしていかなくても、各難易度で遊ぶことはできます。後半は謎解き部分が難しくなってきますが、コインを消費したり、広告動画を視聴するとヒントを見ることもできます。ヒントはいくつかに分かれていることもあるので、必要そうなヒントを解放して見てみましょう!

 

まとめ

謎解き要素が加わったスクロールアクションゲームでした。マリオ風の世界観の中で、トラップを回避したり、正しい順でギミックを利用しながらゴールに到達することを目指します。アクションテクニックはあまり必要無く、謎を解く頭脳が必要になります。広告の量こそ多いですが、オフラインでも楽しめます!

Mr. Go Home

Mr. Go Home
開発元:MARKAPP.INC
posted withアプリーチ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました