『Audify』はダウンローダー付きWebブラウザの読み上げアプリ

 

はろう!泥団子小豆太郎です。

 

Audify』は、ダウンローダー付きWebブラウザの読み上げアプリです。Webページや、ダウンロードしてきたテキストファイルを読み上げてもらうことができます。「ePub」「PDF」「txt」に対応していますよ!

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでGoogle play Storeでお確かめください。

Audify 読み上げ Web ブラウザ (TTS)

Audify 読み上げ Web ブラウザ (TTS)
開発元:Tangerine Software House
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

Audify

『Audify』は読み上げアプリです。

Audify1

 

Webページや、ダウンロード・取り込んだテキストファイルを、機械音声に読み上げてもらうことができます。基本的な使い方は一般的なブラウザと似ているので、難しくはないです。Webページやウェブ小説などを読み上げてもらえば、他の作業をしながらでも内容が耳に入ってきますよ!

 

基本的な使い方

使い方はブラウザと似ています。

Audify2

 

まずはブラウザの検索機能を使って、Webサイトを探してみましょう。画面上部のボックスにキーワードやURLを入力して検索します。目的のページが見つかったら、画面下部のコントローラーから読み上げを開始しましょう。再生や一時停止、次/前の文章に飛ばすことなどが可能です。時計マークのボタンは、スリープタイマー機能です。

 

読み上げを開始すると、一番上の文章から順に読み上げてくれます。テキストをダブルタップすると、指定した位置から文章を読み上げてもらうことも可能です。

 

 

音声設定もあります。

Audify3

 

画面下部にある設定ボタンから、音声の繰り返し、言語、ボイスを変更できたり、喋るスピード・声の高さを調整することもできます。最初は男性の機械音声になっていますが、女性の機械音声に変えることも可能です。

 

 

見やすさも変えられます。

Audify4

 

画面右上の「︙」ボタンから、文字の大きさや画面の明るさを変更できたり、ダークモード・ブルーライトフィルターなどに切り替えることも可能です。読み上げ音声を聴きながら文字も読みたい場合は、見やすさを設定しておくと良いでしょう。

 

 

設定もあります。

Audify5

 

設定から検索エンジンの種類を選べたり、発音修正などを行うこともできます。発音修正を行うと、機械音声が”読み間違え”ている場合に役立ちます。他にも様々な設定があるので、必要な設定に変更しておきましょう。

 

ダウンロード

テキストファイルをダウンロードすることもできます。

Audify6

 

ブラウザからテキストファイルをダウンロードしたり、スマホに入っているデータを取り込むことなどができます。対応しているデータは「ePub」「PDF」「txt」で、ダウンロードしたファイルは画面右下のブックマークページから開けます。

 

テキストデータを読み込んだ方が、余計な文章を読み上げられる心配が少ないので、PDFに対応しているウェブ小説などがあれば、ダウンロードしてから読み上げた方が良いかもしれませんね。

 

まとめ

読み上げ機能が付いているWebブラウザアプリでした。Webページを探して読み上げてもらうだけでなく、テキストファイルをダウンロードしてから読み上げてもらうことも可能です。音声設定や見やすさ設定の項目が多く、自分好みにカスタマイズできます。他の作業をしながら文章を読み上げて欲しい時に役立ちますよ!

Audify 読み上げ Web ブラウザ (TTS)

Audify 読み上げ Web ブラウザ (TTS)
開発元:Tangerine Software House
無料
posted withアプリーチ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました