【ReDiary】箇条書きで記録できる日記アプリ

 

はろう!泥団子小豆太郎です。

 

ReDiary』は、箇条書き形式で記録できる日記アプリです。日記を書くと、箇条書きで記録されていくのが特徴的です。一言日記・三行日記・ToDo・買い物リストなどとして使うことができますよ!

※この記事に掲載されているアプリは、記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますので、Google Play Storeから直接お確かめください。

箇条書き日記アプリ-ReDiary-シンプルで簡単操作

箇条書き日記アプリ-ReDiary-シンプルで簡単操作
開発元:Masafumi Egawa
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

 

ReDiary

『ReDiary』は箇条書きの日記アプリです。

ReDiary1

 

箇条書き形式で記録される日記を使うことができます。日記を書くと行頭記号が自動で付くので、一言で日記を書きたい時、考えをまとめたい時などに役立ちます。シンプルな機能、スタイリッシュなデザインが使いやすさを生み出していますよ!

 

日記を書く

使い方は簡単です。

ReDiary2

 

日記は、X(旧Twitter)やLINEなどを使う時と同じような感覚で記録できます。まずは普通に文章を書いて記録してみると、文章の頭に、箇条書きでお馴染みの「・」が付くことに気づきます。この「・」が文章の頭に自動で付くことで、日記が箇条書き形式で記録されていくというわけです。

 

行頭記号は3つまで登録できます。

ReDiary3

 

「設定」>「行頭記号」から、3つ分の行頭記号を登録できます。行頭記号を複数登録しておくことで、日記を書く際に行頭記号を選択できるようになります。登録できるのは一文字だけですが、記号・文字・数字・絵文字などに対応しています。

 

タグも追加できます。

ReDiary4

 

予めタグを追加しておくと、日記にタグ付けすることが可能になります。タグ付けすると日記を分類できるようになり、日記を整理したい時や、後で振り返りたい時に役立ちます。日記を書く際に、タグマークのボタンを押してからタグを選択すると、日記にタグを付けられます。タグは設定画面などから追加可能です。

 

記録した日記をタップで再編集、日記を左にスワイプで削除(ボタンが出現)、空いたスペースをスワイプで前日/翌日のページに移動が可能です。日記を書くスペースの左にある「+」ボタンを押すと、「日記をテキスト形式で共有」「表示日の日記を全て削除」することもできます。

 

ログ/ダッシュボード

ログ機能・ダッシュボード機能もあります。

ReDiary5

▲ダッシュボード機能

 

ログ機能では、過去の日記をスクロールで眺めたり、検索機能を使って日記を探せます。検索機能は、キーワードで検索できるだけでなく、期間を指定したり、行頭記号・タグで絞り込むことも可能です。

 

ダッシュボード機能では、「記録日数」「日記の記録数」「月別記録数」を確認できます。

 

設定

設定もあります。

ReDiary6

 

設定から行頭記号の登録・タグの追加ができるだけでなく、テーマカラー、フォント・サイズの変更、登録日時の表示、記録の並び順を変更することもできます。他にも、アプリロック機能、データのバックアップ/復元機能も使えます。動画広告を視聴すると、24時間だけ広告を非表示にすることも可能です。

 

まとめ

箇条書き形式で記録できる日記アプリでした。行頭記号が自動で日記に付くので、普通に文章を書いて記録するだけで箇条書きスタイルになっていきます。行頭記号を変えられたり、タグ付けできる応用性もあります。全体のデザインがスタイリッシュなので、日記を書く意欲が湧いてきますよ!

箇条書き日記アプリ-ReDiary-シンプルで簡単操作

箇条書き日記アプリ-ReDiary-シンプルで簡単操作
開発元:Masafumi Egawa
無料
posted withアプリーチ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました