ランチャーアプリを使ってAndroidをiOS風にする方法

 

はろう!泥団子小豆太郎です。

 

Androidではホーム画面の見た目を変えられます。

Androidでランチャーアプリを使うとホーム画面の見た目やシステムを変えることができます。iOSからAndroidに乗り換えると使い方に慣れるのに時間が掛かるので、iOS風のランチャーがあれば馴染み深く使っていけますね。

 

そんな時はiOS風のランチャーを使ってみましょう。

今回ご紹介する『ランチャーiOS 12』を使えばホーム画面の見た目をiOS風にすることができます。見た目も使い勝手も似ているのでiOSに慣れている人にピッタリです。iOSのランチャーに馴染みがある人は変えてみましょう!

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでGoogle play Storeでお確かめください。

ランチャーiOS 12

ランチャーiOS 12
開発元:LuuTinh Developer
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

 

アプリ概要

『ランチャーiOS 12』はホーム画面をiOS風にすることができるランチャーアプリです。

ランチャーiOS 12 1

 

AndroidのスマホをiPhoneのiOS 12風に変えることができます。見た目はもちろん、システムやアイコンもiOS風に変わります。パッと見ただけではAndroidのスマホかどうかわからなくなってしまうくらい本格的に再現されています。

 

初期設定

まずはこのアプリをホームアプリとして設定する必要があります。

ランチャーiOS 12 2

 

アプリをダウンロード後、スマホの『設定』アプリから「ホーム」を開き、その中にある『IOS Launcher』を選択すれば設定完了です。

 

ホーム画面に戻れば見た目がiOS風になっているはずです。

ランチャーiOS 12 1

 

システムもiOS風

細部までiOS風になっています。

ランチャーiOS 12 3

 

例えば、フォルダを開いてもiOS風のデザインになっています。アプリのアイコンもiOS風のデザインに変わり、『時計』アプリのアイコンはきちんと現在時刻を表してくれます(秒針も動きます)。

 

 

また、アプリの移動や削除もiOS風です。

ランチャーiOS 12 4

 

アプリを長押しするとiOSと同じようにぷるぷると震えます。そこからアプリを移動したりフォルダを作成したり、削除も行うことができます。

 

 

一番左のページに行けばウィジェットも表示されます。

ランチャーiOS 12 5

 

ウィジェットはそこまで機能を広げることはできませんが、『電話』アプリのお気に入りに入っている連絡先を表示させることも可能です。また、検索ボックスを使えばGoogle検索を行うこともできますよ!

 

各種設定

アプリの設定からは壁紙も変えられます。

ランチャーiOS 12 6

ランチャーiOS 12 7

アプリ内にはプリセットされた壁紙が入っています。どの壁紙もiOSにプリセットされているようなものばかりなので、壁紙を変えるとより一層iOS感が出てきますよ!

 

 

また、ぼかし効果を適用することもできます。

ランチャーiOS 12 8

 

これは細かく非常にわかりづらい設定ですが、ドックやフォルダ、ウィジェットなどにぼかしを適用することができます。見た目がちょっと変わる程度なので設定し直す必要もそこまでないでしょう。

 

他のアプリと組み合わせ

以下のようなiOS風の機能が使えるアプリと組み合わせれば、よりiOSらしさが増しますよ!

まとめ

iOS風のランチャーアプリでした。

とても簡単にAndroidスマホをiOS風にすることができましたね。動作も軽く、AndroidスマホがiPhoneのような見た目と使い方になります。どうしてもAndroidのランチャーに慣れない人はiOS風にして使ってみてください!

ランチャーiOS 12

ランチャーiOS 12
開発元:LuuTinh Developer
posted withアプリーチ

 

スポンサーリンク