【ポリスフィア】回転させながら絵を完成させるパズルゲーム

 

はろう!泥団子小豆太郎です。

 

ポリスフィア』は、感覚的に遊べるパズルゲームです。3D空間でバラバラになっている絵があり、カメラの視点を回転させながら一つの絵を完成させることを目指します。操作が簡単なので、暇な時にサクッと遊べますよ!

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでGoogle play Storeでお確かめください。

ポリスフィア: アートゲーム

ポリスフィア: アートゲーム
開発元:CASUAL AZUR GAMES
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

 

ポリスフィア

遊び方

『ポリスフィア』は感覚的に遊べるパズルゲームです。

Polysphere1

 

3D空間でバラバラになっている絵があり、カメラの視点を回転させながら一つの絵を完成させます。バラバラになっている状態では、何の絵なのかわからない状況ですが、カメラの視点を動かしていると、どこかに絵が完成する視点が見つかります。

 

つまり、カメラの視点を変えながら絵が完成する視点を見つけ出すのが、このゲームの目的です。操作も簡単で、画面をスワイプすると視点を360°動かすことができます。

 

 

絵が完成するポイントを見つけ出すとクリアです。

Polysphere2

 

視点を変えていけば、必ず絵が完成する視点が見つかります。ほとんど頭を使わなくても、感覚的に問題を解くことができるのが魅力的ですね。色鮮やかで美しい絵が完成する喜びも感じられます。

 

 

問題の種類は様々です。

Polysphere3

Polysphere4

 

どの問題でも遊び方は同じですが、完成する絵の種類は様々です。どんな絵が完成するか予想しながら遊ぶのも一興でしょう。ただ、問題が進んでいったからといって難易度が上がるわけではなく、コツさえ掴んでしまえば簡単に解くことができてしまいます。

 

パズルの面白さよりも、イラストの美しさや感覚的に遊べる手軽さを味わうゲームと言えるでしょう。

 

まとめ

感覚的に遊べるパズルゲームでした。問題は簡単、ステージが進んでも難易度がさほど変わらないなど、マイナス点は多大にあるゲームですが、イラストの美しさを見ているだけでも気持ちがリラックスします。特に頭を使う必要が無いので、気ままに楽しみたい時にも遊べます。もう少し難易度を上げてくれると、より楽しめるんですけどね。

ポリスフィア: アートゲーム

ポリスフィア: アートゲーム
開発元:CASUAL AZUR GAMES
無料
posted withアプリーチ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました