数字塗り絵アプリ『カラフルダイアリー』の遊び方

 

はろう!泥団子小豆太郎です。

 

塗り絵って楽しいですよね。しかし、塗り絵をするには色を塗らなければならないので、その作業が面倒と思う人もいるでしょう。簡単に色を塗れたらいいんですけどね。

 

そんな時は数字塗り絵アプリで遊んでみましょう。

今回ご紹介する『カラフルダイアリー』は簡単に遊べる数字塗り絵アプリです。色に対応する番号のエリアをタップするだけで色を塗れるので誰でも手軽に遊べます。いろんな種類の絵で塗り絵が楽しめますよ!

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでGoogle play Storeでお確かめください。

カラフルダイアリー:番号順に色塗り(Coloren)

カラフルダイアリー:番号順に色塗り(Coloren)
開発元:Fuero Games Sp. z o.o.
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

 

カラフルダイアリー

『カラフルダイアリー』は簡単に遊べる数字塗り絵アプリです。

カラフルダイアリー1

 

このアプリでは様々なイラストに色を塗って遊ぶことができます。一般的な塗り絵のように自由に色を塗っていくのではなく、色に対応する番号のエリアをタップしながら色を塗っていきます。遊び方も簡単なので子供から大人まで幅広く楽しめますよ!

 

遊び方

遊び方はとても簡単です。

カラフルダイアリー2

 

塗りたいイラストを選んだら塗り絵の開始です。まずは画面下部にある数字付きの色を選択してみましょう。色を選択するとイラストの番号が書かれたエリアがチェック柄になって塗れることを示してくれます。あとはそのエリアをタップして塗ればいいだけです。一瞬でタップしたエリアを対応した色で塗ることができます。

 

 

見づらい場合は拡大してみましょう。

カラフルダイアリー3

 

イラスト部分をピンチアウト/インすれば拡大/縮小ができますし、長押ししながら指をスライドさせればイラストを動かすことも可能です。小さなエリアがある場合は塗り忘れてしまうことがあるので、拡大して塗れるエリアをよく探してみましょう。拡大中に画面右下あたりのボタンを押せば元のサイズに戻すことも可能です。

 

それでも見つからない場合はヒント機能を使ってみましょう。ヒント機能には使用回数制限がありますが、動画広告を視聴してヒントの数を増やすこともできます。ヒントを使いたくない場合は怪しい箇所を連続タップで探すのも一つの手です。

 

 

塗り切った色の番号にはチェックが入ります。

カラフルダイアリー4

 

イラスト内のエリア番号をすべて塗り切ると、下のパレットの色番号にチェックが入って全て塗り終わったことを示してくれます。つまり、塗る場所がないと思っていても下部の色番号が残っていれば、まだ塗り残しがあるというわけです。それを参考にじっくりと探してみましょう。

 

 

すべてのエリアを塗れると完成です。

カラフルダイアリー5

 

完成したイラストは保存したり共有することも可能です。色を塗ると単色だけでなく、グラデーションや模様のついた色として塗れるので完成したイラストは非常にクオリティが高く仕上がります。

 

 

塗れるイラストはたくさんあります。

カラフルダイアリー6

カラフルダイアリー7

塗り絵のイラストはカテゴリなどから探すができます。カテゴリには「人物」や「動物」、「パターン」「マンガ」など、様々な種類のイラストが用意されています。

 

Google play Storeにあるアイコンやスクリーンショットには日本のアニメっぽいイラストもありましたが、そのようなイラストはあまりありません。海外の人が描いたアートなイラストや人物画がほとんどです。しかし、イラストの種類はとても多いのでやり応えがありますよ!

 

まとめ

手軽に遊べる数字塗り絵アプリでした。

一つのエリアを塗る作業に時間が掛からないので腕が疲れることもありません。複雑なイラストだと完成までに時間を要しますが、途中で止めても続きからプレイできるので安心です。イラストの種類が多く、どれから塗り絵を始めようか困ってしまいますよ!

カラフルダイアリー:番号順に色塗り(Coloren)

カラフルダイアリー:番号順に色塗り(Coloren)
開発元:Fuero Games Sp. z o.o.
無料
posted withアプリーチ

 

スポンサーリンク