『画像生成AI』は文字から画像を自動生成するAIアートアプリ

 

はろう!泥団子小豆太郎です。

 

今回ご紹介する『画像生成AI』は、文字を入力するだけで画像を自動生成してくれるAIアートアプリです。入力した文字(言葉)に関する画像を自動生成してくれます。様々な文字を入力して、画像を生成してみましょう!

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでGoogle play Storeでお確かめください。

画像生成AI AIイラスト Stable Diffusion

画像生成AI AIイラスト Stable Diffusion
開発元:marukogemarubouya
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

画像生成AI

『画像生成AI』は自動生成のAIアートアプリです。

画像生成AI1

 

好きな文字を入力するだけで、それに関する画像を自動生成してくれます。画像生成には「Stable Diffusion」というAIを利用しているようです。使用回数制限は無く、何度も画像を生成して楽しめますよ!

 

使い方

使い方は簡単です。

画像生成AI2

 

基本的な使い方は、入力欄に文字(言葉)を入れ、「生成」ボタンを押せばいいだけです。言語は日本語でも英語でも構いません。キーワードは単語でも組み合わせた言葉でも大丈夫です(はっきり意味がわかる言葉の方が、画像生成された時の精度は高いです。 ex.「白い犬」など)。

 

 

すぐに画像は生成されます。

画像生成AI3

△入力した文字「泥団子小豆太郎」

 

「生成」ボタンを押し、動画広告を視聴し終わると画像が生成されます。広告をスキップしても画像は生成されますが、スキップ不可の広告が出てくる場合もあります。生成された画像は、「リクエスト済み」タブから確認可能です。生成された画像は端末にダウンロード・シェアできたり、類似画像を探すことなどもできます。

 

 

違った使い方もできます。

画像生成AI4

 

「画像生成」タブにある「設定」ボタンから、アスペクト比の変更や画像の入力などができます。アスペクト比を変えれば、指定した比率の画像を生成してくれますし、画像を入力すれば、入力画像を基本としたイラスト(「モデル」変更でイラスト以外も可)が生成されます。入力画像とかけ離れた画像を生成するか、入力文字に沿った画像を生成するか、といった数値を調整することも可能です。

 

この設定を利用すると、こんな画像が生成されます。

画像生成AI5

△入力した文字「レッドカードを持つゾンビ」

 

元は実写の画像が、入力した文字に関連するイラストに変わりました。自分や家族、友達などの写真を使って画像生成できるので、様々な写真やキーワードを組み合わせて生成するのが面白いですよ!

 

まとめ

画像を自動生成してくれるAIアートアプリでした。文字入力と簡単な設定を決めるだけで、それに関連する画像を生成してくれます。生成のたびに広告を見る必要はありますが、使用回数制限は無く、何度でも使えるのが嬉しいです。入力画像やキーワードの組み合わせを考えるのが楽しいですよ!

画像生成AI AIイラスト Stable Diffusion

画像生成AI AIイラスト Stable Diffusion
開発元:marukogemarubouya
無料
posted withアプリーチ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました