写真を絵画風に変える変換アプリ『AI画伯』の使い方

AI画伯便利アプリ

 

はろう!泥団子小豆太郎です。

 

今回ご紹介する『AI画伯』は写真を絵画風の画像に変換してくれるアプリです。写真を取り込み、フィルターを選択するだけで、顔写真や風景写真が絵画風に変換されます。フィルターの数も多いので、様々な雰囲気の絵画風画像が作れてしまいますよ!

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでGoogle play Storeでお確かめください。

AI画伯 - 西洋風肖像画変換カメラ

AI画伯 – 西洋風肖像画変換カメラ
開発元:AI Gahaku
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

AI画伯

『AI画伯』は写真を絵画風に変換できるアプリです。

AI画伯1

 

このアプリを使うと、人物写真や風景写真などを簡単に絵画風に変換することができます。フィルターには「印象は」「写実主義」「浮世絵」などがあり、選択するだけで変換される画像の雰囲気が変わります。SNSのアイコンなどに使用すれば、周りの人から注目されることは間違いなしです!

 

使用する写真はスマホ内に保存されているものを取り込んでも構いませんし、アプリ内蔵のカメラ機能を使って撮影しても構いません。撮影モードには「顔モード」と「風景モード」があるので、撮影する内容によってモードを変更しておきましょう。写真を取り込む際にも、適したモードを選択しておく必要があります。

使い方

まずはサンプル画像のご紹介です。

AI画伯2

 

今回はこちらのフリー画像の女性をサンプルとして使用させていただきます。肖像画のような画像に変換したい場合は、画像を取り込む前に「顔モード」を選択しておくことを忘れないようにしておきましょう。顔モードにしておくことで、画像の顔を検出してくれます。

 

 

画像を取り込むと早速変換してくれます。

AI画伯3

 

画像を取り込むだけで絵画風に変換してくれました。最初のフィルターが気に入れば、そのまま保存や共有をしても構いませんし、他のフィルターも試してみても構いません。変換された画像の右下辺りにあるボタンを長押しすると、元の画像と見比べることも可能です。

 

 

他にも様々なフィルターがあります。

AI画伯4

AI画伯5

 

フィルターにはゴッホ風やピカソ風、レンブラント風、浮世絵風などがあり、フィルターを選択するだけで変換し直してくれます。日本人らしい顔でも、変換することで西洋人っぽい顔立ちになります。気に入ったフィルターが見つかったら、画面右上のボタンから保存や共有を行いましょう。

 

 

風景モードも使えます。

AI画伯6

△サンプル

 

風景や物などがメインの写真を変換したい場合は、「風景モード」を使ってみましょう。スマホに保存されている写真を使用する場合でも、取り込む前に「風景モード」を選択しておく必要があるので、忘れずに切り替えておきましょう。

 

 

風景モードでは使用できるフィルターが変わります。

AI画伯7

AI画伯8

 

風景モードを使うと、「建物」や「自然」などのフィルターを使用することができます。人物が写っていても変換することはできますが、「顔モード」の時のようにはっきりと変換されないので、大きく人物が写っている写真は使わない方が良いかもしれませんね。風景や物だけだと綺麗な絵画風に変換してくれます。

まとめ

写真を取り込むだけで絵画風に変換してくれるアプリ『AI画伯』の使い方でした。変換の精度が非常に高く、どんな写真でも絵画風に変換できるのが面白いです。自分の顔を変換すれば、有名画家の肖像画気分も味わえます。変換した画像はSNSなどで利用してみましょう!

AI画伯 - 西洋風肖像画変換カメラ

AI画伯 – 西洋風肖像画変換カメラ
開発元:AI Gahaku
無料
posted withアプリーチ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました