『Kitty Death Room』は子猫の激ムズなパズルアクションゲーム

Kitty Death Roomゲーム

 

はろう!泥団子小豆太郎です。

 

今回ご紹介する『Kitty Death Room』は、子猫が主人公のパズルアクションゲームです。子猫のキャラクターを操作して、ステージ攻略を目指します。ステージ内には様々なトラップや敵が待ち構えていて、一筋縄ではクリアできません。テクニックだけでなく、頭も使うことになりますよ!

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでGoogle play Storeでお確かめください。

Kitty Death Room

Kitty Death Room
開発元:Raiyumi
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

Kitty Death Room

『Kitty Death Room』は子猫のパズルアクションゲームです。

Kitty Death Room1

 

子猫のキャラクターを操作して、ステージ内にあるゴールに辿り着いてステージ攻略を目指します。猫は幽体離脱のような特技を使うことができ、それを駆使してパズルを解いたり足場を移っていきます。難易度が序盤から高いので、ムズゲー好きな人は挑戦してみましょう!

 

遊び方

遊び方は簡単です。

Kitty Death Room2

 

子猫の操作は、画面下部の矢印ボタンで左右の移動、ジャンプができます。足場をジャンプで渡ったり、乗ると落ちる足場を駆け抜けたりしながらゴールを目指しましょう。ハートなどのポイントに辿り着けるとステージクリアです。

 

 

幽体離脱のような特技もあります。

Kitty Death Room3

 

ステージ内に落ちている緑色の玉のようなものを拾うと、幽体離脱のような特技を使うことができるようになります。ジャンプボタンの上にあるボタンを押すと、白い猫が出現し、元々操作していた猫は睡眠状態に入ります。

 

白い猫は茶色い猫と同じように操作ができます。もう一度幽体離脱ボタンを押すと、操作が茶色い猫に戻り、白い猫はその場から動かなくなります。白い猫の上に乗ることもできるので、足場として使うことが可能です。他にも、白い猫にスイッチを押させて扉を開く、なんてこともあります。

 

緑色の玉はストックされ、持っている分だけ白い猫を出現させることができます。緑のスイッチを押すと、出現していた白い猫が消え、獲得していた緑色の玉のストックも無くなります。ただし、緑色の玉は再びステージ内に現れます。

 

 

白い猫をわざと死なせることも必要です。

Kitty Death Room4

 

茶色い猫が罠などに当たるとゲームオーバーになりますが、白い猫が罠に当たるとダウン状態になり、そのまま茶色い猫の操作に切り替わります。白い猫をわざと罠に飛び込ませることで、そこが足場となり、ジャンプでは届かない場所にも茶色い猫が移動できるようになる、というわけです。

 

ステージは、頭を使わないとクリアできないもの、アクションのテクニックが必要なもの、そのどちらも必要なステージが登場します。頭を使う部分は考えれば何とかなりますが、アクション部分は結構難しいです。画面左上にデス数も表示されているのが、ムズゲーということを表していますね。

 

 

ボスステージもあります。

Kitty Death Room5

 

ボスステージはボスと直接戦うのではなく、ボスや罠に追いかけられている状態でゴールを目指します。少しでも止まってしまうとすぐにボスが追いついて来るので、ミス無く操作をしなければなりません。ステージ内には様々な罠が仕掛けられている上に、適材適所で幽体離脱をする必要もあります。

 

ボスステージがかなり難しく、トライ&エラーを繰り返しながら、やることを覚えていかなければなりません。特に幽体離脱や白い猫と茶色い猫の切り替え作業が忙しく、頭がパンクしそうになります。最後にはボスとの最終決戦も待ち構えていますよ!

 

まとめ

子猫を操作するパズルアクションゲームでした。基本操作はシンプルで簡単ですが、細かい操作テクニック、忙しい操作を素早く完了させる難しさがあります。特にボスステージが難しく、ボスなどが追いかけてくる状態で、それらを実行しなければなりません。ムズゲーが好きな人にはピッタリのゲームですよ!

Kitty Death Room

Kitty Death Room
開発元:Raiyumi
無料
posted withアプリーチ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました