『バタガチャ!』-頭の体操!ドアを閉めるカジュアルゲーム

 

はろう!泥団子小豆太郎です。

 

ドアの閉め忘れをしていないですか?

ドアの鍵を閉めることってとっても大事なことなんですが、たまに忘れちゃう時ってありますよね。出掛けて車やバスなどに乗ろうと思った瞬間に閉め忘れを思い出す。結構あるあるですよね。

 

そんな閉め忘れに効果がある(?)ゲームがあります。

今回ご紹介する『バタガチャ!』というゲームはまさにドアを閉めて遊ぶゲームです。頭を使って適切なアクションを行う類のゲームなので、頭が活性化されれば実際のドアの閉め忘れにも効果があるかもしれませんね!

※この記事に掲載されているアプリは記事を書いた時点での価格・情報となります。場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでGoogle play Storeでお確かめください。

バタガチャ!- BataGacha!

バタガチャ!- BataGacha!
開発元:HZ3 Software
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

 

ゲーム概要

頭の体操!

『バタガチャ!』はドアを閉めて遊ぶカジュアルゲームです。

バタガチャ!1

 

60秒の間にどのくらいのスコアを叩き出せるかを競います。

このゲームでは「バタ!」「ガチャ!」「オッケー!」の3つのボタンを使います。時間制限のゲージが無くなるまでに適切なボタンを押すことを目指します。

 

 

遊び方は簡単です。

バタガチャ!2

バタガチャ!3

赤枠内に表示されているドアを見ながら3つのボタンを押していきます。ドアが開いている状態だと「バタ!」を、ドアが閉じている状態だと「ガチャ!」を、鍵がかかっているドアは「オッケー!」ボタンを押せばいいだけです。

POINT!ドアが開いている状態→「バタ!」
ドアが閉じている状態→「ガチャ!」
鍵がかかっているドア→「オッケー!」

 

ただし、おばけが出現した時だけは違います。

バタガチャ!4

バタガチャ!5

おばけが出現した時もドアが開いている状態なので「バタ!」ボタンを押すわけですが、1回押すだけではドアは半開き状態になってしまいます。つまり、おばけが出現した時のみ「バタ!」ボタンを2回押すことでドアを閉めることができるというわけです。

 

 

押すボタンを間違えるとミスになります。

バタガチャ!6

 

適切なボタンを押すことができなかったり、制限時間ゲージがなくなってしまうとミスになってしまいます。ミスをするとスコアが下がっていくので慎重かつ大胆に攻めていきましょう!

 

 

60秒経過するとゲーム終了です。

バタガチャ!7

 

ハイスコア目指して何度も挑戦してみましょう!

 

 

ライフモードもありますよ!

バタガチャ!8

 

ライフモードはライフが0(ミスするとライフ消費)になるまで続きます!

 

まとめ

頭の体操にも良さそうなカジュアルゲームでした。

遊び方は3つのボタンを押せばいいだけなので簡単ですが、短時間の間に適切なボタンを押さなければならないので結構頭を使います。遊べば遊ぶほどドアの状況がわからなくなってくるパニック感を味わえます。脳が非常に活性化するので家のドアの閉め忘れもなくなるかもしれませんね!

バタガチャ!- BataGacha!

バタガチャ!- BataGacha!
開発元:HZ3 Software
posted withアプリーチ

 

スポンサーリンク